美白成分から選ぶ

ビタミンC誘導体の美白効果!乾燥や刺激など肌質に合わせた選び方。オススメの化粧品はコレ

更新日:

「ビタミンC誘導体」といえば、代表的な美白成分のひとつ。
しかしひと言で「ビタミンC誘導体」といっても、種類・効果・刺激などが違うんです!

この記事は、

  • ビタミンC誘導体の美白効果やその他の効果
  • ビタミンC誘導体の種類と選び方
  • 効果の高いビタミンCコスメ
  • オススメのブランドと美白化粧品

などをまとめまています。

ビタミンCの安定性や浸透性を高めたのがビタミンC誘導体

純粋なビタミンCは、高い抗酸化力をもちますが、それは同時にとても不安定で酸化しやすいことを意味します。

美白効果を得るにはビタミンCを酸化させずに浸透させる必要があり、そのために安定性や浸透性を高めたのがビタミンC誘導体です!

ビタミンC誘導体は、純粋なビタミンCに様々な物質をくっつけて安定させ、肌に入ると酵素によってビタミンCとその他の物質に分解されます。

ビタミンC誘導体の美白効果はシミ・そばかすの予防!トーンアップやニキビ跡のケアにもオススメ

ビタミンC誘導体の美白メカニズム。こんな方にオススメ

メラニン生成の図

肌の内部で「チロシン」というアミノ酸の一種にチロシナーゼという酵素が働き、活性酸素によって酸化されると黒色メラニンが作られます。

ビタミンC誘導体は高い抗酸化作用により、メラニンが活性酸素によって酸化されるのを防ぐため、日焼けによるシミ・そばかすの予防に効果が期待できます。

また、すでに酸化されて黒くなったメラニンを還元し、メラニンの色を薄くする働きも期待できます。

  • シミを防ぎたい
  • シミを増やしたくない
  • ニキビやニキビ跡が気になる
  • ハリ・しわ・たるみなどの気になる年齢肌

といった方にオススメです!

美白以外にも肌にいい効果がたくさん!

ビタミンCは美白効果の他にも、

  • 過剰な皮脂分泌を抑制
  • ニキビを防ぐ
  • 毛穴や肌を引き締める
  • 炎症を鎮める
  • コラーゲンを増やす

などの効果が期待できるとされています。

美白成分として認められているビタミンC誘導体はごく一部

ビタミンC誘導体には様々な種類があり、毎年新しい成分が開発されていますが、美白有効成分(医薬部外品有効成分)として認められているのはごく一部です。

  • リン酸L-アスコルビン酸ナトリウム(APS)
  • リン酸L-アスコルビン酸マグネシウム(APM)
    歴史が長く、実力の認められた定番の成分
  • L-アスコルビン酸2グルコシド(AA2G)
    穏やかに働くので敏感肌用の化粧品にも配合される
  • 3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)
    分解されなくてもビタミンCとして働く、即効性&持続性に優れる成分
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)
    油性でしっとりした使用感 など

シミ・そばかすの予防には、医薬部外品を選ぶのが基本です。

ビタミンC誘導体配合!おすすめの美白化粧品

おすすめ化粧水:エトヴォス 薬用アクネVCローション

ニキビ予防とシミ予防を同時にできる薬用化粧水。
敏感肌でも使える、オイルフリーの低刺激処方です。

  • ビタミンC誘導体
    (美白成分)
  • グリチルリチン酸2K
    (ニキビ・肌荒れ予防)
  • アミノ酸、ヒアルロン酸、リピジュア
    (保湿ケア)

などが配合されており、デリケートな肌にうるおいを与えながら、なめらかに整えます。

メーカー エトヴォス
医薬部外品 有効成分:ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K
価格/内容量 4,104円(税込)/ 150ml
お試し価格 2,052円(税込)(トライアルセット)

おすすめ化粧水:ファンケル ホワイトニング化粧液

加齢とともにメラニンが排出されにくくなる「居座りメラニン」や「メラノサイトの落下」に着目して生まれた美白化粧水。

  • アクティブビタミンCα
    (美白成分)
  • グリチルリチン酸2K
    (肌荒れ予防)
  • ムラサキシキブ果実エキス、サクラ葉エキス
    (うるおい、透明感)

などにより、壊れやすいビタミンCを持続的に届け、深いうるおいで満たします。

ファンケルでは、防腐剤などの添加物は肌にストレスを与え、美白を妨げるという考えから、5つの成分・無添加にこだわっており、敏感肌の方にもオススメです。

メーカー ファンケル
医薬部外品 有効成分:ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K
価格/内容量 1,836円(税込)/ 30ml(約1ヶ月)
お試し価格 1,836円(税込)(トライアルキット)

おすすめ美容液:アスタリフトホワイト エッセンスインフィルト

根強いシミの原因となる「シミの骨」に着目した独自のアプローチと、フィルム研究で培ったナノテクノロジーが人気の美白美容液。

  • ビタミンC誘導体(リン酸L-アスコルビルマグネシウム)、グリチルリチン酸2K
    (美白成分 / 肌荒れ予防)
  • ナノライスクリア、ナノAMA
    (くすみケア)
  • アスタキサンチン、3種類のコラーゲン
    (うるおい、ハリケア)

などが配合されており、1本で美白・うるおい・ハリケアが叶います!

鮮やかなオレンジ色のジェルがみずみずしく、ぷるんっと弾む肌に。

メーカー 富士フィルム
医薬部外品 有効成分:ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K
価格/内容量 7,560円(税込)/ 30ml(約2ヶ月)
お試し価格 1,080円(税抜)(トライアルセット)

おすすめ美容液:HABA ホワイトレディ

無添加化粧品「HABA」の美白美容液。

美白成分「ビタミンC誘導体」を6%と高濃度配合!
化粧水の前に使用する、サラッと肌馴染みのいい美容液です。

  • ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸リン酸エステルナトリウム)
    (美白成分)
  • グリチルリチン酸2K
    (肌荒れ予防)
  • クマ笹エキス
    (保湿成分)

などが配合されており、ふっくらとした明るい肌に整えます。

メーカー HABA
医薬部外品 有効成分:ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K
価格/内容量 3,888円(税込)/30ml
6,480円(税込)/ 60ml

おすすめクリーム:エトヴォス 薬用アクネVCクリームジェル

大人ニキビ・毛穴ケアにオススメの薬用クリーム。

  • ビタミンC誘導体
    (美白成分)
  • グリチルリチン酸2K
    (肌荒れ予防)
  • 3種類のセラミド、アミノ酸
    (保湿成分)

などが配合されており、うるおいを与えながらニキビやシミ・そばかすを予防します。

シリコンフリー・オイルフリーでニキビのできやすい方にも使いやすくなっています。
トロリとしたジェルタイプのクリームで、しっとりやわらかな肌に。

メーカー エトヴォス
医薬部外品 有効成分:ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K
価格/内容量 4,860円(税込)/ 50g
お試し価格 2,052円(税込)(4点トライアルセット)

おすすめオールインワンジェル:薬用アクアコラーゲンゲルEX

オールインワンゲルのパイオニアが贈る、美白にこだわった一品。

「メラニン抑制・うるおす・やわらげる・整える・ツヤを与える」の5つのケアで、全方向からシミ・くすみにアプローチします。

  • ビタミンC誘導体
    (美白成分)
  • トラネキサム酸
    (肌荒れ予防)

とWの有効成分に加え、36種類もの美容成分をギュギュっと凝縮!
ゲルのうるおいラッピング効果で、ツルツルの透明感へと導きます。

メーカー ドクターシーラボ
医薬部外品 有効成分:ビタミンC誘導体、トラネキサム酸
価格/内容量 8,640円(税込)/ 120g
4,320円(税込)/ 50g

その他、ビタミンC誘導体Q&A

ビタミンC誘導体の副作用は?

APSやAPMなど、ビタミンC誘導体の中には肌を乾燥させたり、敏感肌の刺激になりがちな成分があります。

乾燥肌や敏感肌の方は、ビタミンC誘導体の種類にまでこだわって選ぶことをオススメします。

  • 乾燥肌の方にオススメのビタミンC誘導体 …… VCエチル、VCIPなど
  • 敏感肌の方にオススメのビタミンC誘導体 …… AA2G、VCエチルなど

また、白斑の被害もゼロではありません(とくにAA2G)。

刺激がなくても「何となく肌の調子が悪くなる」など、肌と相性の悪い方もいます。
肌に合わないと感じたら、使うのをやめましょう。

ビタミンC誘導体の種類と違い

ビタミンC誘導体は、性質から

  • 水溶性(即効性が高い。化粧水や美容液など)
  • 油溶性(持続性が高く穏やかに働く。クリームなど)
  • 両性(浸透性に優れる)

の3種類に分けられます。

ビタミンCと同時に肌に入る「誘導体」としてどんな成分が使われているのか?というのは刺激に関係します。

また、ビタミンC誘導体の種類によって、純粋なビタミンCの割合は全く違います。
純粋なビタミンCが少ないと、一見高濃度でも、ビタミンC自体は対して摂取できない、といった問題もあります。

ビタミンCの種類 ビタミンCの含有量
リン酸アスコルビル3Na(VC-PNa) 54.7%
リン酸アスコルビルMg(VC-PMg) 60.8%
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP) 15.6%
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS) 31.4%

参考:スキンケア研究所(ロート製薬株式会社)

美白成分とは認められていないけれど、機能性の高い新型ビタミンC誘導体について

ネットでしきりにオススメされるAPPS、VC200などは、美白成分としては認められていません。

しかし、水にも油にも溶ける性質により、それぞれL-アスコルビン酸2グルコシドの100倍、200倍の浸透力があるといわれています。

また、ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸(HGA)はメラニンが表皮に運ばれるのを防ぐという、他のビタミンCにはない美白作用を持っています。

ビスグリセリルアスコルビン酸、3-O-グリセリルアスコルビン酸(アミトース3GA)など、グリセリンがついたビタミンC誘導体は、高い保湿効果も得られます。

ビタミンC誘導体と相性のいい成分

「ビタミンC」と「ビタミンE」を一緒にとると、酸化したビタミンCをビタミンEを回復させ、ビタミンEをビタミンCが守るので、相乗効果が出ると言われています。

ビタミンEには血行促進効果もあるため、年齢肌にオススメの組み合わせです。

「グリチルリチン酸2K」など抗炎症成分は刺激による炎症を緩和してくれると考えられるため、敏感肌の方やニキビのできやすい方にオススメです。

-美白成分から選ぶ

Copyright© シミ予備軍にさよなら!おすすめ美白化粧品はコレ|美白の達人 , 2019 All Rights Reserved.