美白成分から選ぶ

トラネキサム酸の美白効果!肝斑に効果なしって本当?オススメの化粧品&内服との違いをまとめた

更新日:

最近、人気の高まっているトラネキサム酸配合の美白化粧品。
あなたも使ってみたいと思っているのでは?

しかし、トラネキサム酸は、美白化粧品と内服薬で期待できる効果や注意点が異なります。

この記事では、

  • トラネキサム酸の、美白化粧品と内服薬の効果の違い
  • どんな方にオススメなのか?
  • トラネキサム酸はどんな美白化粧品に配合されている?
  • トラネキサム酸配合の美白化粧品はどれがオススメ?
  • 内服の際の注意点

などをまとめています。

トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、止血剤や抗炎症薬として長く使われてきました。

その後、資生堂が美白効果に着目し、薬用化粧品の美白有効成分として認可されました。

シミ部分特有の慢性的な炎症状態と、メラニンが活性化されたままメラニンを作り続けてしまう状態に着目して生まれた成分です。

トラネキサム酸は美白成分の場合と、抗炎症成分の場合があります!

トラネキサム酸は、美白成分として配合される場合と、抗炎症成分として配合される場合があります。

  • 美白成分 → シミ・そばかすを防ぐ
  • 抗炎症成分 → 肌荒れを防ぐ

パッケージに記載されている効能を確認してから購入しましょう。

また、アルブチンなど他の美白成分と合わせて配合される場合、美白効果はアルブチンによるもの、トラネキサム酸は抗炎症成分として配合されている場合も多いです。

美白成分としてトラネキサム酸が配合されているのが分かりやすいよう、資生堂では「m-トラネキサム酸」として、ロート製薬では「ホワイトトラネキサム酸」といったように、区別しているブランドもあります。

美白成分 トラネキサム酸の効果は日焼け止によるシミ・そばかすの予防

トラネキサム酸は、化粧品に配合される場合と、内服薬の2種類があります。
それぞれの効果を混同しないよう注意しましょう。

美白成分として化粧品に配合される場合の効果は、

メラニン生成を抑制し、日焼けによるシミ・そばかすを予防する効果

です。

保湿効果や抗炎症作用も期待できるため、

  • シミを防ぎたい
  • シミを増やしたくない
  • 紫外線を浴びると肌が赤くなりやすい
  • 敏感肌
  • 乾燥肌

といった方にオススメです。

トラネキサム酸の肝斑への効果はどう?

現在、美白化粧品の美白効果は「日焼けによるシミ予防」に限定されており、ホルモン性のシミには効果が認められていません。
 
一方で、トラネキサム酸の内服薬は肝斑に一定の改善効果が確認されています。
内服には副作用もあるので、心配な方は医師の診察のもと、処方してもらうことをオススメします。
 

肝斑は紫外線を浴びることによって濃くなることが知られており、UVケア・こすらないケアと合わせて、トラネキサム酸配合の美白化粧品を日々のお手入れとして取り入れることはオススメです。

トラネキサム酸の美白のメカニズム

メラニン生成の図

トラネキサム酸は、抗プラスミン作用により、情報伝達物資を阻害することで、過剰なメラニンの生成を抑制する成分です。

肌に紫外線が当たると、プラスミンという炎症誘発物質やプロスタグランジンといった物質によってメラノサイトが活性化し、メラニンが作られます。

トラネキサム酸は、プラスミンやプロスタグランジンがメラノサイトに届く前に働きかけ、メラニンの生成を抑制します。

ちなみに、花王・カネボウの「カモミラET」も、エンドセリンという情報伝達物質を阻害する美白成分です。

トラネキサム酸配合!おすすめの美白化粧品

おすすめ化粧水:エリクシールホワイト クリアローションC

コラーゲンサイエンスから生まれた大人のための美白化粧水。
リラックス感のある爽やかな肌とこだわり抜いたテクスチャーで、心まで明るくほぐしてくれます。

  • 4MSK
    (美白成分)
  • グリチルリチン酸2K
    (肌荒れ予防)
  • ヨクイニンエキス、オリーブ葉エキス、ヨモギエキス
    (うるおい、くすみケア)

などが配合された化粧水をコットンで馴染ませれば、みずみずしいハリとうるおいで満たされた肌に。

好みに合わせた3種類の使用感から選べます。

メーカー 資生堂
医薬部外品 有効成分:4MSK、グリチルリチン酸2K
価格/内容量 4,320円(税込)/ 170ml(約1ヶ月)
お試し価格 1,188円(税込)(トライアルセット)

おすすめ化粧水:ブライトエイジ リフトホワイトローション

肝斑治療薬や美白ケアの「トランシーノ」でお馴染み、第一三共製薬が開発したエイジングケアブランドです。

製薬会社ならではの「全方位エイジングケア」をコンセプトに、4ステップで保湿・ハリ・小じわ・美白のトータルケアを叶えてくれます。

メーカー 第一三共
医薬部外品 有効成分:トラネキサム酸
価格/内容量 5,400円(税込)/ 120ml(約1.5ヶ月)
お試し価格 1,512円(税込)(トライアルセット)

おすすめ美容液:米肌 肌潤美白エッセンス

保湿と美白を両立した、30代からの大人美白シリーズ。
「2つの有効成分 × お米 × 発酵」のチカラで、内側から発光するような透明感を引き出してくれる美白美容液です。

  • トラネキサム酸
    (美白成分)
  • 米糠酵素分解物、白茶エキス、洋ナシ果汁発酵エキス
    (うるおい、くすみケア)
  • 米糠酵素分解物、発酵ヒアルロン酸、トレハロース
    (保湿成分)

などが配合されており、1本で美白・くすみ・うるおいケアを叶えてくれます。
乳液のようなしっとり感で、明るいモチモチ肌に。

メーカー コーセー
医薬部外品 有効成分:トラネキサム酸
価格/内容量 8,640円(税込)/ 30ml(約1.5ヶ月)
お試し価格 1,600円(税込)(トライアルセット)

おすすめ美容液:HAKU メラノフォーカスV

「シミの記憶をゼロ化へ」をコンセプトに、「シミ部分の異常な毛細血管」に着目した成分など、資生堂のシミ研究の成果を注ぎ込んだ集中美白美容液。
美白に力を入れたい方にオススメです。

  • 抗メラノ機能体
    (美白成分)
  • Vカット複合体、アンダーシールダー
    (うるおい、肌を保護する)

などが配合されており、あらゆるメラニンルートにアプローチ!

コッテリ濃厚なのに肌馴染みのいいクリーム状のテクスチャーで、しっとり重めの仕上がり。
1本で約2.5ヶ月とコスパが良く、ニキビのもとになりにくい処方も嬉しい。

メーカー 資生堂
医薬部外品 有効成分:抗メラノ機能体(m-トラネキサム酸&4MSK)
価格/内容量 10,800円(税込)/ 45g(約2.5ヶ月)

おすすめクリーム:ポーラ ホワイトショットRXS

夏の火照った肌はメラニン生成が活発化する「暑さ焼け」に着目した、冷やして使うひんやり感触のクリーム。

紫外線を浴びた夏の夜の集中ケアにオススメです。

  • トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K
    (美白成分 / 肌荒れ予防)
  • m-Aクリアエキス、エクストラSCリキッド
    (くすみケア)
  • YACエキス、EGクリアエキス
    (角層の糖化に着目した成分)

などが配合されており、肌本来の「くすみのない肌を保つ働き」をサポートしながら、黄ぐすみまでケアしてくれます。

みずみずしい水系のジェルクリームで、透明感あふれるうるおい肌に。

メーカー ポーラ
医薬部外品 有効成分:トラネキサム酸
価格/内容量 12,960円(税込)/ 50g

トラネキサム酸Q&A

トラネキサム酸はイオン導入できる?

イオン導入の定番はビタミンC誘導体ですが、美容クリニックではトラネキサム酸のイオン導入を取り入れているところも増えています。

市販のトラネキサム酸化粧品は、イオン導入用に作られていない(防腐剤が配合されている、イオン導入用に濃度が調整されていない)ものが多いです。

イオン導入用に市販されているトランキサム酸もあるので、検討してみてください。

トラネキサム酸と相性のいい美白成分は?

  • アルブチン、コウジ酸
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス

など、トラネキサム酸とは違ったメカニズムで働く美白成分を合わせて取り入れることで、より効果的に美白できると考えられます。

(トラネキサム酸配合の化粧水・乳液に、ビタミンC誘導体やコウジ酸が配合された美容液を合わせるなど)

トラネキサム酸の内服薬は市販されてる?飲み続けてもOK?

トラネキサム酸の内服薬は、「トランシーノⅡ」が市販されています。

市販のトラネキサム酸を内服できるのは2ヶ月まで。
自己判断で飲み続けてはいけません。

2ヶ月で改善が期待できるといわれていますが、飲むのを止めると戻ってしまう場合もあるようです。

  1. 2ヶ月飲んでも効果がない
  2. 飲むのをやめたら戻ってしまった

という場合は、皮膚科医の診断を受けることをオススメします。

トラネキサム酸は「血液凝固作用」のある成分です。

  1. 血栓ができやすい体質の方
  2. 心筋梗塞、脳梗塞、脳血栓、肺塞栓などの既往歴がある方
  3. 別の止血剤を服用中の方

はトラネキサム酸を服用することができません。

トラネキサム酸の内服は肝斑以外のシミにも効くの?L-システインとどちらがオススメ?

市販のトラネキサム酸内服薬は、基本的に肝斑治療のためのものです。

予防目的、紫外線によるシミ、ニキビ跡など色素沈着の改善にはL-システイン&ビタミンCの内服をオススメします。

-美白成分から選ぶ

Copyright© シミ予備軍にさよなら!おすすめ美白化粧品はコレ|美白の達人 , 2019 All Rights Reserved.