美白成分から選ぶ

アルブチン配合の美白化粧品を比較!オススメは?美白効果や副作用は?敏感肌でも使えるの?

更新日:

優れたシミ予防効果が期待できるといわれるアルブチン。
美白の気になる方なら、1度は試してみたいと思いますよね!

この記事では、

  • アルブチンはどんなブランドに配合されている?
  • アルブチン配合の化粧品はどれがオススメ?
  • 美白効果は?
  • 刺激や副作用は?
  • アルブチンとトラネキサム酸やビタミンC誘導体はどっちが効くの?

といった情報をまとめています。

アルブチンの美白効果は日焼けによるシミ・そばかすの予防!

アルブチンは、美白有効成分として認可されており、

メラニン生成を抑制し、日焼けによるシミ・そばかすを予防する効果

が期待できる成分です。

薬用化粧品、または医薬部外品の有効成分として「アルブチン」が記載されているものを選びましょう。

  • シミを防ぎたい
  • シミを増やしたくない
  • 敏感肌

といった方にオススメです。

ちなみに、アルブチンには

  • アルブチン(βアルブチン)
  • αアルブチン

の2種類がありますが、「αアルブチン」は美白有効成分としては認可されていません。

アルブチンの肝斑への効果はどう?

現在、美白化粧品の美白効果は「日焼けによるシミ予防」に限定されており、ホルモン性のシミには効果が認められていません。
 
肝斑は紫外線を浴びることによって濃くなることが知られています。
 
根本的に治すには美容医療を受ける必要がありますが、UVケア・こすらないケアと合わせて、アルブチン配合の美白化粧品を日々のお手入れとして取り入れることはオススメです。

アルブチンの美白メカニズム

美白のメカニズムには、

  • 情報伝達物質阻害型
  • チロシナーゼ活性阻害型
  • メラニン還元型
  • メラニン輸送阻害型
  • メラニン排出促進型

といくつか種類がありますが、アルブチンはチロシナーゼ抑制型になります。

メラニン生成の図

通常は、チロシナーゼ酵素がチロシン(アミノ酸)と反応し、メラニンが作られますが、

アルブチンはチロシナーゼ酵素の活性を阻害するので、チロシンがメラニンに変化せず、シミの元となるメラニンを抑制します。

ちなみに、コウジ酸、エラグ酸、ルシノールなども、チロシナーゼ活性阻害型の美白成分です。

アルブチンの安全性。敏感肌でも使いやすい成分

アルブチンは、ウワウルシやコケモモなど、植物から発見された成分です。

30年近く使われてきた実績をもち、安全性を重視する方にも取り入れやすい成分だと思います。
化粧品毒性判定事典においても、毒性なしとなっています。

敏感肌用の化粧品に配合されている実績もあり、敏感肌の方でも使いやすい成分です。

アルブチンとハイドロキノンの関係って?

アルブチンは、「ハイドロキノン誘導体」とも呼ばれますが、刺激性や細胞毒性はハイドロキノンとは全く異なります。
アルブチンは、細胞毒性が低いことや、皮膚の中でハイドロキノンに代謝されないことが分かっています。
 
(αアルブチンは皮膚の中で一部がハイドロキノンに代謝されますが、色素沈着を薄くする働きはありません。)

アルブチン配合!おすすめの美白化粧品

おすすめ化粧水:アスタリフトホワイト ブライトローション

紫外線によって発生するくすみの原因「アルデヒド」に着目。
シミ予防はもちろん、透明感まで引き出してくれる美白化粧水。

  • アルブチン / グリチルリチン酸2K
    (美白成分 / 肌荒れ予防)
  • ナノAMA+、ツボクサエキス
    (くすみケア)
  • アスタキサンチン、3種類のコラーゲン
    (うるおい、ハリケア)

などが配合されており、美白・うるおい・エイジングケアまで叶えてくれますよ!
赤い化粧水はサラッと肌馴染みがいいのに、みずみずしく潤います。

メーカー 富士フイルム
医薬部外品 有効成分:アルブチン、グリチルリチン酸2K
価格/内容量 4,104円(税込) / 130ml
お試し価格 1,080円(税込)(トライアルセット)

おすすめ化粧水:サエル ローションコンセントレート

バリア機能の低下やストレスなど、敏感肌ならではの「シミ・くすみの原因」にアプローチしてくれる美白化粧水。

  • アルブチン、グリチルリチン酸2K
    (美白成分 / 肌荒れ予防)
  • セラミドナノスフィア
    (保湿成分)
  • デイ・リリー花発酵液、ストレスバリアコンプレックスCL
    (くすみケア)

などが配合されており、美白とうるおいを両立しています。
ぷるんっと美容液のように濃密でありながら、肌馴染みのいいつけ心地が気持ちいい。

メーカー ディセンシア
医薬部外品 有効成分:アルブチン、グリチルリチン酸2K
価格/内容量 5,400円(税込)/ 125ml(約1.5ヶ月)
お試し価格 1,480円(税込)(4点トライアルセット)

おすすめ美容液:ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラⅡ

肌の専門家が開発したドクターズコスメ「アンプルール」の薬用美白美容液。
独自の「24時間美白アプローチ」でシミ・くすみを封じ込めます。

  • アルブチン、グリチルリチン酸2K
    (美白成分 / 肌荒れ予防)
  • セラミド、ホホバ種子油
    (保湿成分)
  • ビタミンC誘導体、アクティブホワイター
    (くすみケア)

などを配合。

ミルクタイプでしっとり、モッチリ。
なめらかな仕上がりで、メイクのりも良くなります!

メーカー アンプルール
医薬部外品 有効成分:アルブチン、グリチルリチン酸2K
価格/内容量 8,640円(税込)/ 40ml(約1.5ヶ月)
お試し価格 1,890円(税込)(6点トライアルセット)

おすすめ美容液:サエル ホワイトニングエッセンス コンセントレート

バリア機能の低下・炎症体質・ストレスなど「敏感肌特有のシミ・くすみの原因」を研究して生まれた、敏感肌のための1本。

  • アルブチン、トラネキサム酸
    (美白成分 / 肌荒れ予防)
  • セラミドナノスフィア
    (保湿成分)
  • シモツケソウエキス、ストレスバリアコンプレックスCL
    (くすみケア)

などが配合されており、敏感肌で加速しやすい糖化ケアまでできる高機能美容液です。

しっとりモチモチに仕上がるミルクタイプ、低刺激なだけでは満足できない方に。

メーカー ディセンシア
医薬部外品 有効成分:アルブチン、トラネキサム酸
価格/内容量 8,100円(税込)/ 36ml(約1.5ヶ月)
お試し価格 1,480円(税込)(4点トライアルセット)

おすすめクリーム:アスタリフト ホワイトクリーム

赤い美容成分が人気のエイジングケア化粧品「アスタリフト」の美白ライン。
フィルム研究で培ったナノテクノロジーが、有効成分をしっかりと届け、効かせます。

  • アルブチン、グリチルリチン酸2K
    (美白成分 / 肌荒れ予防)
  • ナノAMA+、ツボクサエキス
    (保湿成分)
  • アスタキサンチン、3種類のコラーゲン
    (くすみケア)

などが配合されており、美白ケア・うるおいケア・ハリケアを叶えてくれます。

オレンジ色のクリームは濃密でコクがあるのにベタつかず、ピンっと弾むようなハリ肌に。

メーカー 富士フィルム
医薬部外品 有効成分:アルブチン、グリチルリチン酸2K
価格/内容量 5,400円(税込)/ 30g(約2ヶ月)
お試し価格 1,080円(税込)(5点トライアルセット)

おすすめオールインワンジェル:シミトリー パーフェクトホワイトアップリフティングジェル

シミの原因の1つが「乾燥」である点に着目し、保湿にこだわって開発された「シミトリー」。
界面活性剤を使わずにオイルを乳化したジェルクリームで、リッチなしっとり感を実現。

  • アルブチン
    (美白有効成分)
  • フラバンジェノール、ビタミンC誘導体
    (くすみ・ハリケア)
  • セラミド、シアバター、スクワラン
    (保湿成分)

などが配合されており、美白はもちろん、高い保湿効果で乾燥小じわを目立たなくしてくれる効果も期待できます(効能評価試験済み)。

メーカー フォーマルクライン
医薬部外品 有効成分:アルブチン
価格/内容量 4,980円(税抜)/ 60g(約1ヶ月)
お試し価格 3,685円(定期コース)

おすすめオールインワンジェル:肌和華ジェル

多忙な毎日だから、お手入れはシンプルに。
でも美白や小じわなど、お悩みはしっかりケアしておきたい!

そんな賢くシンプルケアしたい女性のため、「簡単・多機能・高品質」をテーマに開発されたのが「肌和華ジェル」です。

  • アルブチン
    (美白成分)
  • グリチルリチン酸2K
    (肌荒れ予防)
  • ビタミンC誘導体、セレブロシド、15種類のアミノ酸
    (うるおい、透明感)

などをバランスよく配合し、シミ予防から乾燥小じわまでちゃっかりケア。
トロけるような、肌馴染みのいいジェルのテクスチャーが心地よく、天然ハーブの香りにも癒されます。

メーカー アンプルール
医薬部外品 有効成分:アルブチン、グリチルリチン酸2K
価格/内容量 4,860円(税込)/ 50g
お試し価格 2,100円(定期コース)

その他、アルブチンQ&A

αアルブチンとβアルブチンはどっちが効く?

αアルブチンは、江崎グリコとスイスの企業が共同開発した成分で、2002年から美白化粧品に配合されています。

従来のアルブチン(βアルブチン)のおよそ10倍のメラニン抑制効果といわれていますが、美白有効成分としては認可されていません。

化粧品にはメインの成分というより、たくさん配合されている訴求成分の一部として配合されているものが多い印象です。

本格的に美白したい方は、アルブチンが有効成分として配合された薬用化粧品を選んだ方が無難な気がします。

アルブチンとトラネキサム酸はどっちが効く?アルブチンとビタミンC誘導体ならどっち?

アルブチン、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体の一部は、美白成分として認可されており、どれも日焼けによるシミ予防効果が期待できます。

しかし、美白成分には相性のようなものがあり、アルブチンがよく効く人もいれば、トラネキサム酸がよく効く人もいます。

こればかりは3ヶ月ほど実際に使ってみて、相性を見極めるしかありません。

また、3つの成分は作用メカニズムが違うため、合わせて取り入れるとより効果的に美白できると考えられます。

先ほどご紹介した「アスタリフトホワイト」は、ライン使いすることでアルブチンとビタミンC誘導体、両方の美白成分を取り入れることができます。

アルブチンと相性のいい美白成分は?

  • アルブチン&ビタミンC誘導体
  • アルブチン&トラネキサム酸
  • アルブチン&プラセンタエキス

など、アルブチンとは違うメカニズムで働く美白成分を組み合わせるのがオススメです。

美白成分がダブルで配合された商品を選んでもいいですし、先ほどのアスタリフトのようにアイテムごとに美白成分を変えているブランドを選ぶこともできますよ!

-美白成分から選ぶ

Copyright© シミ予備軍にさよなら!おすすめ美白化粧品はコレ|美白の達人 , 2019 All Rights Reserved.